浮気調査方法は尾行やメール調査

浮気調査の代表的調査方法は尾行です。
メールを見る、聞き込みをするといった浮気調査方法もありますが、
実際の浮気現場を抑えないと証拠になりにくいです。
浮気をしている当人も万が一メールを誰かに見られた時のためや、
メールが浮気の証拠となり慰謝料を請求されてしまった時を想定し、
浮気相手とのメール交換の際には遠回しに逢瀬について記されていたり、
メールは即破棄をしていたりで、メールでは浮気についての明確な証拠が得られにくいです。
勿論、間抜けな伴侶ならばメールもしっかりと証拠として残っているでしょう。
また、メールを削除してもデータ自体は携帯電話から消えていなかったりするので、
後からメールのデータを探る事もできます。
メールではなく通信ツールでやり取りをする事も多く、
通信ツールの使い方が分からない人ですと調べにくいかもしれません。
原始的な尾行という浮気調査方法ですが、
これはなるべくばれないようにしなければならないために、赤の他人が行なう必要性が高いです。

新婚の姉の家で浮気話が浮上?

福岡で浮気調査・興信所なら探偵事務所LA
姉はまだ結婚したばかりで、いわゆる新婚さんなんですよね。
長い間恋愛して、結婚、出産という、まさに王道のパターンを歩いてきた姉のことを、私は誇らしいと感じています。

今のところ夫婦円満で何も問題がないように思えました。
子供ももうすぐ生まれるし、新築マンションも購入して、新しい家族を迎え入れる準備も整っていたのでした。

そんなある日、姉が1番信頼している友人が、突然家にたずねてきたそうなんです。
理由を聞くと、どうやら旦那が夜の繁華街に繰り出し毎日帰りが遅くなってしまうので、家出をしたらしいのでした。
友人のご主人は会社勤めをしているため、そういう付き合いがあるのもある程度は理解しているそうです。
ただ、毎日毎日となると、夫婦の時間もなくなるし、浮気を疑わざるを得なくなったそうで、事情は複雑です。

このような問題に悩む方への救世主として、浮気調査という手もあります。
費用を捻出できるならそれもありかもしれませんが、よく考えての行動をオススメします。

日本では唯一公認の「日本調査業協会」

日本では唯一公認の「日本調査業協会」

浮気は、夫婦間や男女の交際において、実際の相手や恋人との関係を維持しながら、コッソリと内緒でほかの異性との交際や関係を持つことです。 これらは何となく臭覚的に気になるもので、どうしても浮気相手の現場や本人を探索したくなります。 それは他に秘密で肉体関係を結ぶ不倫の調査ということにもなるでしょう。
これらの実際の現場や相手を調べるには自分で行う方法もありますが、やはり、専門の調査員や探偵、興信所に依頼する方法がベターだと思います。
首都圏や都内近郊では、浮気や不倫調査の為の探偵社は数多くあり、看板などでも見かけられ、昨今ではネットサイトでも掲載されています。 ただ、「絶対に信頼出来る探偵社」というのは、なかなか実際には無いようです。 信頼できそうだ・・?と思うのは飽く迄個人的な見解です。
そんな中、国から公認されている日本でも唯一の業界団体である、「社団法人日本調査業協会」というものがあります。 探偵社は、この中から選ぶことをお勧めしたいです。 必要な場合は、数社から見積もりを取ることも大切です。

浮気調査をする前のカウンセリングではいろんな悩みを打ち明ける

自分の付き合っている相手、または結婚をしている相手などが、浮気をしていると思ったら、浮気調査を考える人もいるかと思いますが、探偵に連絡をすると、すぐに飛んできてくれます。自分も調査を依頼したことがありますが、夜だったのにすぐに来てくれました。

来てくれたときには、いろんな話を聞いてもらえます。基本的には、相手がどのような人なのか、おかしいと思ったのはいつか、自分でどの程度まで調査をしたのかを聞かれることがあります。浮気で悩んでいて探偵に頼っているので、探偵さんはそれをわかってくれているらしく、悩みなんかも聞いて、どうしたらいいのかをアドバイスしてくれます。

人に悩みを打ち明けるだけでも、気が楽になりますから、パートナーが怪しいと思ったら、すぐにでも探偵に話を聞いてもらうのがいいです。ここですぐに契約と言うわけではなく、後日改めて契約に関しての話を聞くことになります。どういったことをどれくらいの期間でやるのか、料金はどれくらいかを教えてくれるのです。そこで、自分が納得をすれば、契約成立になります。

浮気調査で見えてくる浮気の実態とは?

浮気調査を依頼する理由は、

1・本当に浮気をしているのか確認したい

2.浮気は確定しているので、離婚や親権問題を有利に進めるための材料として、浮気現場の証拠が欲しい

3・浮気相手へ慰謝料請求をしたいので、証拠が欲しい

4・夫、または妻と再構築するためにまずは証拠をそろえ、双方へもう会わないという念書を書かせるために証拠が欲しい

などの理由があります。

探偵事務所の依頼で6~7割は浮気調査依頼で、以前は女性からの依頼が多かったのに対し現在では比率は半々になってきています。

実際に調べてみるとほとんどの場合が浮気をしており、自分ではしっかり証拠を隠蔽できているつもりでも、やはり配偶者にはバレやすいようです。

浮気をしやすい男性のタイプでは、高い地位や経済的な余裕がある人や、いつも周囲の女性を気にしている男性は、自分から女性へと話しかけたり、話しかけるチャンスを狙っているので、親しくなり浮気に発展します。

女性の場合には、行動的で飲み会や皆でワイワイすることが好きだったり、精神的に依存しやすい人、すぐに飽きてしまいやすい人などは、刺激を求め遊びのつもりで浮気をしてしまうことが多いようです。

旦那が依頼する浮気調査について

浮気をするのは外出をする機会が多い男性が行なうイメージがありますが、
昼間は自由そのものな主婦が暇潰しに男性を呼んだり、
パートに出ている奥さんがパート先でつまみ食いを、
なんて女性でも浮気をする事があるので旦那さんも悠々とはしていられません。
女性が男性の浮気を察知するのは難しくは有りませんが、
日頃外出をして仕事で疲れている旦那さんが妻の浮気を探るのは困難となります。
浮気をされていても、女性特有の細かさや計算高さにて隠す事ができますし、
男性は女性の微妙な変化に気付きにくく、また家にあまりいないので
妻の部屋や鞄の中をチェックするのはかなり難易度が高くなります。
そんな旦那さんはプロに浮気調査を依頼しましょう。
奥さんの様子を探ってもらうだけで浮気調査が可能であり、家に上げる必要などはありません。
奥さんがずっと自宅に居る場合、訪問者がいないかチェックをしてもらったり、
奥さんが仕事に出かけている場合、仕事帰りに男性と会っていないか、などをチェックする事が容易です。

Ringbinder theme by Themocracy